藤花ぶろぐ

私の心を揺さぶったMPB♪


MPBとは

ムージカ・ポプラール・ブラズィレイラ(Música Popular Brasileira, MPB (エミ・ペー・ベー))とは、ブラジルの音楽形式(ジャンル)の1つで、英語的に言うと「ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック」の意。 主に、1960年代後半、ボサノヴァ誕生以降の、ブラジルのポピュラー音楽をさす。








写真は2013年10月↓



2011年10月から、カンタブラジルに参加するようになって、ブラジル音楽シーンでは、

主にMPBが好まれて演奏されているんだなぁと思ってはいましたが、、

当時、私は、サンバやアフロブラジリアン、そしてJAZZがメイン。

ブラジル音楽といえば、ボサノヴァと思っていました。




MPBと関わりが深くなった始まりが、ミナス兄弟。

トニーニョオルタ、ミルトンナシュメント。



「ミナス兄弟」の応援と撮影 2015-03-21 





2015年は、何年も通っていた、ジャムセッションの終盤でした、、

華やかに Whisper Not 2015-04-07 


そして、ジャムセッションジプシーになっていた。(本来はそんなものなんでしょうが、、)

Soul Eyes 2016-04-08 



必死で練習して、初めてフロント(JAZZ)立ち、JAZZ、もっとがんばろう!と思っていたのよ。

2016-05-12 17:58:13


、、そんな時、、


「何かが僕の心に起こった」2015-07-26 


ケンさんの心に、何かが起こり




 

まもなくして真夏。

軽い熱中症になり、夏のサンバは体力的にムリだと断念することになり

サンバから離れることにした時期でもあった。


超楽しい!超暑い! 2015-08-03 21:33:34 


Genteという、超マニアックなバンドの長時間リハと(楽しかった)

ケンさん、ミーコさん、ノヴさんから、シコ、カエターノがいかにステキなのかという話を繰り返し聞き、ものすごく影響されたのです。こんな音楽もあるのだと。


ブラジル音楽の『今』とMPB 2015-08-14 


同じ頃、ちっくさんからもMPBの歴史?を聞く。

さっぱりわからないから、覚書としてBlogに綴っている(笑)


ミルトン / ウエイン / ハンコック(覚書き)2015-08-25 




翌年の2016年。

このイベントがきっかけで、ロタリアスが結成された。


União dos Samba de Japão2016-02-28 



ここから更に、MPBにどっぷり浸かる(笑)



Jitterbug waltzのために?2016-11-26


ロタリアスは、私が知らん曲を1週間で仕上げるスパルタバンド(≧∇≦*)

だからといって出来なければ、オーノさんがフォローするので

やれるだけ、がんばれるだけ、がんばって練習するという

ど根性バンドだったりもする(≧∇≦*)


時には諦めも肝心(爆 2016-11-27



確か、タンボリン担当で誘われたハズなのだが

必死でフルートを練習する事になる~~、、。



譜面通りに演奏するのを断念したTico tico no fubaですが(1週間じゃ無理)

それでも吹けるところは演奏した私。

0:54分あたり、ひでさんがフルート二重奏に酔いしれた瞬間が収録されています(笑)



フルート&パーカッション&チュッチュル隊♪ 2016-12-02 00:19:21 




たぶん、これがきっかけで、超難曲のレパが増えていったのだと思うのよね。

ロタリアスは、2年間で70曲のレパートリーになりました。



ひ~~~! 2017-07-03 21:56:36


MPBのソロは難しいから、カンタブラジルで練習して

ロタリアスでは、出来るところから演奏させて頂こうと思っていたのですが、、


まさかの事態に。。(´;ω;`)




エスペートがあったから、続けられたバンド、と言いきっても過言ではありません。 

思う存分、自分たちがやりたい音楽を演奏させていただけたのは、エスペートだったから。 



Lugar Comum エスペートブラジルありがとう 2018.09.01 01:12    





、、、ということで、この4年間は、ぎゅーっと凝縮!濃厚なMPBを知る期間だったのです。

(それでも、まだまだ知らないジャンルがいっぱいだけど、、)



4年かけて、たくさん練習して、たくさんの曲を知ったのに

演奏する場所がありません、、、、。



残念だな、さみしいなぁ、、かなしいなぁ、、

どうにかならんかなぁ、、。



、、、と、ここまでが、ブラジル音楽の話。


**********************


藤花さんのストーリーは2本立て、違うな

二重構造になっていて(謎

JAZZも、どうにかならんかなぁと思っていたのですね。

この話は割愛しますが、、



夜中、メッセンジャーを見ると、メッセージが。 「藤花さま、ご承認有り難うございます。こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します。神保町楽屋(らくや)でライブいかがでしょうか?」 


2018.03.25 23:55 


**********************


話を元に戻します、


Fujika's Friends LIVE の1回目(2018年10月)がうまくいったら

次は、ブラジル音楽にしようかなぁと朧げに考えていたことが

エスペート閉店により、確実になったのです(構想では)






私は、1バンドでの出演ですが、3バンドが演奏する曲は

私がさまざまな季節を通して知った曲、経験した曲でもあります。


思い出いっぱいです。



嬉しい!という言葉に尽きるな。



参加される皆さん、参加してくださってありがとう。



思い入れが深いのは、もちろん私だけでなく

出演されるメンバーにとっても、それは同じだと思います。



3月16日(土)神保町楽屋にて

思いをひとつに。

思いっきり楽しみたいと思いますヽ(*^^*)ノ


是非、お越し下さいね☆



『Fujika's Friends LIVE Vol.3 : Música brasileira×3 』
 第3弾はブラジル音楽♪ 


2019年3月16日(土) 神保町 楽屋 11:15 open 12:00 start 

charge:¥1500+食事+ドリンク


楽屋(らくや)は音響の良さは勿論のこと、お料理が美味しいことでお客様からの評判も高いお店です。 複数のバンドが、それぞれのスタイルで演奏します。


★12:00 ~ Banda Feifei(バンダ・フェイフェイ)/ ボサノバ、サンバ、親しみやすいMPB 

新たに集結した、実力派ミュージシャンが織り成す音楽をお楽しみください♪ 

feifei/古井 厚:Vo&Gt  桜庭 隆史:Sax  本多 ゆき恵:Pf  Hossy:Bs  原口 ぺー:Perc


★13:00 ~ Les Noyées (レノワイエ) / シコバルキ、ギンガを中心に選曲

長年ブラジルと日本を往復し在住するケンをお迎えして、濃い~サウンドをお届けします♪ 

演奏予定曲

Na Carreira(Chico Buarque) 

A Banda(Chico Buarque) 

A História de Lily Braun(Chico Buarque) 

Beatriz(Edu Lobo) 

Casa pré fabricada(Los Hermanos) 

Choro pro Zé(Guinga) 

Bolero de Satã(Guinga)


mico:Vo  ノヴ吉田:Gt  内藤知己:Sax  三上敦子 : Pf  fabiano:Per  

guest:Ken Vo  


★14:00 ~ Lotarias(ロタリアス) / 変拍子等、難易度が高いが、美しく楽しい音楽を中心にしたMPBを選曲。 

MPBピアニスト、大渕昭(ちっく)を迎え、更にグレードアップしたサウンドをお贈りします♪ 

演奏予定曲(予習してみてね!) 

Stone Flower / Tom Jobim 

Obsession / Dori Caymmi 

Kathy / Moacir Santos 

Tombo-Misturada 

Um Tom pra Jobim / Sivuca 

Sete Rios / Mario Adnet 

Zanzibar / Edu Lobo 

Nacao / JOÃO BOSCO 


大野 裕之 Fl. 藤花 Fl.Perc. 高橋 ひで Gt.Vo. 伊藤勝彦 Gt. 平田 将義 Bs. ねこいち Perc. 

guest:大渕昭 Pf





https://kissx7.amebaownd.com/posts/5863498

Fujika's Music Style

PIECES OF A DREAM